プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

声を変えよう

あまり自分の声は好きではありません。

録音された自分の声を初めて聞いたときのことは
覚えています。

「こんな声なの!、変なの」




でも、人からは通る声、響く声とか言われることがある。
(自分としては、ピンときませんが)
逆に、”職場で声デカイ!、うるさいから小さく”とよく怒られた。

ここ最近、ちょこちょこ人前で話す機会をいただくのですが、
声のトーン、大きさ、出し方を意識するようになりました。

今までは、
下向き加減で、マイク越しのボソボソ声でしたが、

一番出しやすい高さに維持するように意識しています、つまりミドルヴォイスの維持です。

「ンー」とうなる(ハミング)してみて、「アッー」と自然に声を同時出して
調整というか、確認をしています。

一番落ち着くというか、のどに負担がかかっていないのがわかります。
肺から器官、口へと真っ直ぐな太い筒が通っているような感覚になります。

調べてみると、
商談とかに相手に響きを与えるのが、チェストヴォイス
頭の上からワァーと一気に飛ばすヘッドヴォイス

場面場面に合わせて、使いこなしたいものです。

自分の声を聞いたことはありますか?
どう思います?
[PR]
by pro-mate | 2010-06-19 09:51 | つぶやき