プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

ここだけの話をする場の作り方

とある団体の交流会の運営を行いました。

全国から多くの関係者が集まりました。
どなたも身に抱える悩みを持っています。

似たような思いを持った人が、一同に会する場である。

だからと言って、その場で本音を語れるという訳ではありません。
大勢の人前で、自らをさらけ出すことは、相当な覚悟と勇気が
必要です。

では、少し規模を小さくした
テーブルミーティングレベルにしてみてはどうか?

いやいや、まだまだ心をオープンすることができないかもしれません。

さらに、2,3人が膝を突き合わせるようにして居並び、
距離をつめての会話ができるような場になると
どうなのか。
ようやく、
「ちょっと聞きたいことがあるのだけど。。。」
となったりする。


このように、段階を踏んで、
ドンドン小さな集まりになったとき、
初めて、話せる聞ける環境が構築できて
心のうちを言葉にすることができたりします。

必ずしもすべてが当てはまる訳ではないけど。

打ち解けあえる場にするには、

フルオープンではなく、ある程度のクローズ状態であること、
そして、同じような意味として、規模の限定すること、
集まる人との関係や人物を見定めることができること
こころのウォームアップのために、小規模への移行していくこと
が求められる条件となる

この交流会では、場作りの重要さを
あらためて、実感することになった。
[PR]
by pro-mate | 2011-06-06 21:00 | つぶやき