「ほっ」と。キャンペーン

プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

社員のやる気の素は?

イケシマです。

少し前の新聞記事に、中小企業の実態調査報告が掲載されていました。

従業員の勤労意欲が会社業績に密接に関係していることが分かったとのこと。

その方策・制度として、
最も多かったのは、「何でも言える組織風土づくり」

でも、これの裏側にあるのは、
何でも言えるけど、放した言葉の重みを感じなければならない。
発信者が率先実践者ということにならないと誰も信じないし、同意もしない。

言うだけなら、評論家さんになってしまいます。
企業の中では、それはちょっとどうなの?

前に出る人、鑑になる人が方向性を決めるのでは。


逆に意欲が低下するのは、
「経営者、上司への信頼をなくした時」

ごもっとも。

経営者、上司は部下を評価すると言いますが、実は部下から評価されているのです。
上から見れば、部下の数だけ視線が分かれますが、
部下から上には、その数の視線が一点に集中しているのです。

そこを上が気付かないといけない。
見限られることが最低の評価になります。

と、ある社長から重いコメントをもらいました。

調査委員会の括りとして、
・トップは信頼性を高めること、
・従業員はプロである自覚を持ち、自分を高める啓発に努めること

それぞれの役目を果たせ!ということですね。


予断ですが、

梶井基次郎の「檸檬」に登場した
京都の果物店「八百卯」が閉店してしまったことが
気になって仕方がないです。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-25 21:09 | つぶやき

元気発信!

イケシマです。

先日、滋賀県のビイサイドプランニング永田社長のお話を
伺いました。

トップ、上司、部下のあり方、人材育成について
熱いメッセージを頂きました。

自分を律し、周囲を思いやり、尊重して、感動を共有しあえる
環境と心が必要、仕組みが必要であること。


人間力の定義として、掲げていることを言葉にしてズバっと発信された。

昨年、神戸コンチェルトの南部真知子社長(パソナの南部さんの親類)が
企業間コラボレーションについて、述べられたお話の中で

常に(人間)関係を良好に保とうとする努力を惜しまないこと

と明言され、
そういう人物がキーとなり、本人も含めて周りを上に、導いてくれるとのこと。

どちらの言葉も耳にしたとき、ショックというか胸に深く刺さりました。

人の力は、知の力だけでなく、こういうい力も大事なんです。
その心と意識、思いを繰り返し繰り返し、念じます。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-23 00:02 | つぶやき

第2回月例会 報告

石井です。

本日は第2回目の月例会でした。

残念ながら、新年度に向けた会社の新体制を作る時期と重なったり、
お仕事が忙しい方が多く、今回の参加者は少なかったです。
それでも、プロマテのゼミは熱い。

今日のテーマは『”聞く”を極める』でした。

人は、いかに人の話を聞いてるようで聞いていないか。
そして、聞いてもらっているようで、聞いてもらえてないか。

無意識の状態では、”聞く”といく作業が、
いかに機能していないかと言う大きな発見がありました。

目的をもって聞く。
聞くための環境を作る。
相手の意見を遮らない。
ただ、聞くだけでいいときもある。

など、多様な意見が出ましたね。

”聞く”ことを”意識”して行うことで、
聞く能力がUPすることも学びました。

さあ、あなたは一体どのくらい相手の話を聞いていますか?

一度、意識して”聞いてみる”と、今まで気づかなかった発見があるかもしれませんね。
”聞く”ことからコミュニケーションは始まっていきます。
きちんと聞ければ、人間力がUPして、よりよい人間関係も構築できます。
ある意味、言葉を使う人間ならではの基本ですね。

このテーマ、とても奥が深く、
もっと掘り下げて勉強してみたいなと思いました。

”聞く”を極める価値は、とても大きなものだなと実感した、石井でした。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-21 20:28 | 月例会

伝えることって難しい

イケシマです。

神戸で、40社ほどの事業発表会に参加してきました。

1社5分強制終了、質疑なし、商談は別場所などの条件下で
企業の社長、営業のトップが勝負の場に臨むことになります。

みなさん、必死になっているのですが、
その焦りが空回りになって、
早口になったり、言葉に詰まったり、結まで進まなかったり
ご苦労様です。

その中で、一番注意を引くプレゼンテーションを行った企業の
よかった点を挙げると、

1.この一点をPR!
2.起承転結
3.自分の言葉で(棒読みでない)
4.相手を見ている
5.ノンバーバルを多様(身振り、移動など)
6.明るい声のトーン、抑揚をつける

パワーポイントの資料でも
・イメージや図式>文字
・文ではなく単語
・1ページ内の情報量もほどほど(なんでもかんでもはダメ)

以前に、ある学会で発表する機会を与えていただいた時、
同じようなアドバイスを受けたような気がします。


でも、その場になると真っ白になって...

でもこれも練習、練習。

そして、どこまで落とし込んで自分の中に
そのコンセプトを刻みこむかが大事。

改めて、自分に問いかけることになりました。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-21 00:28 | つぶやき

夢のつづきへ

イケシマです。

姪の受験結果第一報が入ってきました。
まずは、1つハードルを越えたとのこと。

これが弾みになって、本命(結構な難関)をも越えてもらうように
願います。

自分にも当てはまることですが、
ある人から送られた言葉があります。


「まずは、夢をつかみましょう

その夢をつかんだら、目標を決めましょう

そして、目標をつかんだら、
それで終わりではありません。

野望を持ちましょう!

さらなる野心、野望を持ってください、
持ち続けてください!


Coolで物静かだけど、
その胸に秘たる思いが現実のものになるように、
この言葉を送ります。

悔いの残らないように、自らの力を出し切ってください。
陰ながら応援しています。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-16 00:11 | つぶやき

きみに社会人基礎力はあるか!

イケシマです。

以前、業務評価を付けるときに、規定以外に自分なりの指針が
ほしくて、探していたところ、

社会人基礎力という能力定義を見つけました。

前に踏み出す力(アクション)
・・・一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力
主体性=物事に進んで取り組む力
働きかけ力=他人に働きかけ巻き込む力
実行力=目的を設定し確実に行動する力

考え抜く力(シンキング)
・・・疑問を持ち、考え抜く力
課題発見力=現状分析し目的や課題を明らかにする力
計画力=課題解決のプロセスを明らかにし準備する力
創造力=新しい価値を生み出す力

チームで働く力(チームワーク)
・・・多様な人とともに目標に向けて協力する力
発信力=自分の意見を分かりやすく伝える力
傾聴力=相手の意見を丁寧に聴く力
柔軟性=意見の違いや立場の違いを理解する力
情況把握力=自分と周囲との関係性を理解する力
規律性=社会のルールや人との約束を守る力
ストレスコントロール力=ストレス発生源への対応力

そのときの部下にも、これを参考資料ということで、
自分の言葉とともに添えました。
その部下は、期待以上の結果を残し、私も刺激された良きパートナーでした。

さあ、今の学生さん、若年層社会人は、どうなのだろうか?

Web適性診断テスト - 社会人基礎力診断
腕試しにトライしてください。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-13 23:16 | つぶやき

就職戦線異常なし?

みなさんこんにちは。TAROです。

昔、就職戦線異常なしという映画がありました。
30代後半、40代の方はごらんになったかもしれませんね。
私は当時就職して3年くらいで、映画館に見に行ったことを覚えています。

今にして思えば、バブル崩壊直前であったにも関わらず、世の中は優秀な学生の囲い込みに必死でその世相を反映してこの映画ができたのだろうと思います。
ストーリーもおもしろいですが、当時の社会の様子もよくわかりますよ。
中年?の方には懐かしく、これから就職しようとしている学生の方にも参考になると思います。

この映画の話を出したのは、数日前に、企業と学生さんとを結ぶ仕事をされている方とお話する機会がありました。そこで、ありきたりですが、最近の学生さんはどんなふうですか?とお聞きしたところ、でてきたキーワードは1、無気力 2、金太郎飴 3、鰯の群 4、格差(超個人差)でした。

時代が豊かになり、ほしいものが手に入り、したいことができる時代に育った人たちは、フロンティア精神に欠ける傾向があるそうです。
また、自分で考えなくても、誰かが教えてくれると思っているらしく、合同企業説明会でも企業担当者に声をかけられるのを待っている状態だとのことです。
正反対の人も一部いるそうで、この、正反対の少数派を採用したいというのが採用担当者の本音だとのことです。

・自分で考え
・自分で決断する

社会が整っていればいるほど、そこから飛び出して冒険し、自分を鍛えるんだという意志を持ってほしいものです。

「チーズはどこへ行った」という本があります。

読まれた方もたくさんいらっしゃると思います。私も持っていますが、さっきもう一度読みました。
私には中学生の子供がいるのですが、彼女にも勧めようと思います。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-12 21:45 | つぶやき

盛況!第2回勉強会

プロマテの石井です。

今日は節分。
世の悪事を追い払い、家族のために福を招き入れる。
母達はそんな思いを胸に、本日の第2回勉強会に足を運んでくださいました。

10時から、『東播磨生活創造センター かこむ』で始まった勉強会。
初めてお顔を合わせる方もいるので、
簡単に自己紹介。

c0181156_1746439.jpg


子育てが落ち着いたら、大好きなことを仕事にしたい。
子育てが落ち着いたら、主人とまったりと過ごしたい。
ウチの子は、こんなに賢いのよ!

自分のこと、家族のこと、
皆さん、大切なものを守りながら
自分の夢も大切に育てていらっしゃいます。

c0181156_17471168.jpg


今日のテーマは『地頭力』。
池嶋のファシリテーターで、『地頭力』を生活に密着した形でお勉強。

子供に、考える機会を与えているかな?
yes/noのクローズドクエスチョンで質問していない?

いろんな視点からの意見が出ました。
どれも貴重な意見で、答えに間違いはありません。

では、実際に考える作業をしてみましょう、
と言うことで、ワークに入ります。

いろんな状況を想像して、様々な言葉を当てはめたり、
数字からの検証を行ったりしました。

まだまだ、ママ達の頭も柔らかい、柔らかい。
楽しい答えがいっぱい。

お家に帰って、子供達と一緒にワークしたい!
そう思う勉強会になりました。

最後に、公開コーチングセッションを行い、
夢をかなえるお手伝いを、みんなでサポートしました。

お互いを認め合い、理解しあい、
有意義な2時間を過ごせたのではないかと自負しています。

次回は3月3日(火)。
新たな企画の意見も出たので、実現に向けて始動したいと思います。

皆さまもぜひ、ご参加くださいね。
お待ちしております。
[PR]
by pro-mate | 2009-02-03 17:59 | 勉強会

人工衛星

みなさんこんにちは。TAROです。

先日私はちょっとうれしい体験をしました。
『人工衛星』です。

みなさんは、人工衛生を見たことがありますか?
もちろん宇宙を飛んでいるものをです。

私は何年か前に北海道にいった際に、夜の森探検ツアーなるものに参加しました。
そのときの森は本当に真っ暗で、足下が暗くて歩くのもおぼつかなかったです。
そのかわりに、空は見たこともないような満天の星空で感動しました。
その探検ツアーのガイドの方が、集中して空を見続けてくださいねとアドバイスしてくれたんですが、そのようにしていると、
なんと高速で移動する星があったんです。ガイドさんいわく『人工衛星』だとのこと!
北海道だから見えるんだと思っていました。

けど見えたんです。家の庭から!!
私は平日は5時に起きます。(早起きです)そして屋外で体操します。
このごろは、真っ暗で空には北斗七星が輝いています。
先週もそうやって体操して北斗七星を見て、しばらく空をじっと見ていました。
すると、北海道で見たのと同じ高速で動く星!を発見。さらに交差するようにもう一つ。

得した気分を味わったのと、人類の科学の力を体感しました。
それから、
何かわかりませんが、『さあ、自分も高いところを目指して飛んでいこう!』
と思いました。
みなさんも冬の早起きいかがですか!!
[PR]
by pro-mate | 2009-02-01 16:02 | つぶやき