「ほっ」と。キャンペーン

プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ちびっ子パワー炸裂!第4回勉強会

春休みです。
今日は、子供達も一緒に参加のプロマテ勉強会です。

夏休みに開催する、プロマテチャレンジモールに参加予定の親子さんが
たくさん集まってくれました。

自分が売りたいと思っている商品を、みんなの前で一生懸命説明します。
c0181156_15113095.jpg

新1年生も、しっかり発言していました。
下を向きながらも、ちゃんと言いたいことを言えてたね。
えらい!えらい!

商品の魅力をみんなにアピールします。
c0181156_15121870.jpg

女の子は、アクセサリーやビーズで可愛く決めてる子が多かったですね。
お互いの作品を見ながら、
「私、欲しい!買う!」
と、既に発注予約もありました。

c0181156_15115329.jpg

男の子は、力強い工作系、アート系が多いですね。

みんなの個性がいっぱい溢れた、魅力的な商品がたくさん発表され、
大人の方がタジタジ状態です。
本番、本当に楽しみです。


そして、この場が大勢の前でのはじめての発言になった子どももいました。
自己紹介を一生懸命して、商品説明を震えながらする子。
どの子も、一生懸命さが伝わり、子ども達の持つ力に、
大人が圧倒された感じです。

「まだ無理かな?」
そう思っていた親御さんも、わが子の発言にハナマルをあげていましたね。

今回の子ども企画会議の取り組みで、
子どもたちがとても責任感の強い子であることに気づいた方や
子どもたちの繊細さ、優しさに気づいた方もありました。

普段とは違う接し方で、新たな子どもの魅力を発見されたようです。
商品の発表を無事終えた子ども達は、
すっかり無邪気な、普段の子ども達に戻りました。

さあ、本番まであと4ヶ月。
店長さんとして、素敵な商品をお客様にお届けできるように、頑張ってくださいね。
そして、親御さんは、そんな子どもの可能性に満ちた能力を信じて、
そっとサポートしてあげてください。

みんなでプロマテチャレンジモールを成功させましょう!

あと数店舗、出店者を募集しています。
プロマテの活動趣旨にご理解いただける方、
ぜひ一緒に参加してみませんか?

興味のある方は、
pro-mate@excite.co.jp
まで、ご連絡くださいませ。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-31 15:33 | 勉強会

ヒトにつなぐ

以前、料理に艶やかさを添えるツマモノを事業に変えた
横石知二さん(いろどり)の話をお聞きする機会がありました。

(徳島県上勝町で、おじいちゃんおばあちゃんの意識改革を促し、葉っぱビジネスを成功させた有名人)

なぜかわかりませんが、目の前にした時、圧倒されて
ちょっと仰け反ってしまいました。何か強いもの(パワー)を感じたのか?

この牽引するパワーというか、信念があるからこそ成功したんだと感じました。

後でメールを送り、今後の課題は何かとお尋ねしましたら、

「後継者へつなぐことです(育てること)」

の大きな一言を頂きました。

ある経営者が自分の仕事は、
「お金を残すのでなく、
 会社や事業を残すのでもなく、
 意思を受け継ぐヒトを残すことが役目である。」

とお話されていたのを思い出しました。

事業はGoing Concern(継続していくこと)が大前提です。

そのためには、どうやっても後に続く人がいないとどうにもなりません。
当然のことですが。

でも、これが一番難しいことなんでしょうね。
モノやカネも大事だけど、ヒトも。

「ヒトとして、(ヒトと接し、)ヒトを育む」
忘れないように繰り返し繰り返し、胸の中でつぶやいている言葉です。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-28 17:45 | つぶやき

指導者の力量

イケシマです。

ある時、少数だけど部下を持っている方が、
「ほんと、下のデキが悪くて、伸びないよ」
グチっていました。

それを聞いていて、
伸びないじゃなくて、育てるのがヘタなんでしょう?
と心の中で叫んでしまった。

まあ、その状況をそばで見ているわけではないので
はっきりと明言できませんけど。

人それぞれ、伸びるためのノリ代を大なり小なり持っていて、
どれだけ広く使うように導くか、
はたまた、びっくりするくらい拡張させるかは、

指導する(導く)側の裁量次第になります。

結果として、思って成果が得られないかもしれませんが
変化はあるはず。(見落とさなければ)

いろんなタイプの人間がいて、
通り一遍の方法では、みんなに通用しません。
本当に苦労が絶えず悩み苦しむのが、指導する立場。

でも、底辺にあるのは、
聞き耳立てて、全てを受け入れ、理解すること
全てはここから始まると私は思います。

これができて、次に展開できるのですから。

あんまり、部下のグチをこぼしていると、
自分の力量の無さを周りに公言していることになりますよ。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-27 16:39 | つぶやき

小石の波紋

イケシマです。

連日、大阪での打合せで
ホテルのラウンジを探しまわる始末。
どこ言っても満席...

なぜかと言うと、

新入社員?来卒学生?が研修かセミナーで大賑わい。
にぎやかすぎて、声が通らない始末。

ちょっとキツイ言い方かもしれないけど、
どれだけの新入社員が生き残るのでしょうね?

ある人事担当者は、

できの良し悪しは全体の上下数パーセント。
残りは似たり寄ったり。金太郎飴状態。
これは、今も昔も一緒。
でも、そこから抜け出してきた者が、大いに活躍してくれる。

と言っています。

あるヒント、あるキッカケで人は大きく変化してしまう。
そこに人材開発・育成の力量が問われ、その醍醐味があります。

でも、そのようなヒントやキッカケは容易に見つかりません。
幾度のカット&トライが繰り返されます。

その変貌を目の前にしたとき、
大きな満足と充実を感じることでしょう。

人が変わっていく、そして成長する。

湖面に小石を投げて、できた波紋のように。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-26 01:55 | つぶやき

丸の内講座

鼻がムズムズのイケシマです。

今日は、丸の内講座「修了生の集い」が
大阪(茶屋町)のアプローズタワーで開催されました。
c0181156_22552880.jpg
丸の内講座は、関西学院大学のMBA修了生が講師となってビジネスマンに経済や経営の概要を生涯学習の一環として提供している学びの場です。

基礎講座は既に7期生までいらっしゃって、知的渇望されている社会人(さまざまな業種業界、職制)が参加されています。

そして、期をまたいだ交流、人脈を広げる意味で、毎年修了生の集いを催しています。

今回は、70名ほどの参加があり、
講師陣による「変化と私」というタイトルでのディスカッションと
参加者全員でのセッションを行いました。

会社以外で各業界の人と関わり、新鮮味と好奇心をそそられる
ようになったのが、この講座でした。

普通じゃ知ることができない話を聞き、視野が大きく広がり
今の自分があるのは、ここだったのです。

参加してよかった。

改めて、思います。
今の変化を大いに楽しんでいる私がいます。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-22 22:58 | つぶやき

第3回月例会 報告

プロマテ石井です。

彼岸入りも過ぎて、春が一気にやってきた感じですね。
過ごしやすくなってきました。

今日は、第3回月例会の日。
本日は、新メンバーもお迎えして、内容濃い2時間半となりました。
(ゼミに没頭してしまい、写真撮るのを忘れてしまいました。ごめんなさい)

今日のテーマは、『プレゼンスキルを上げる』です。

まずは、ワークから始まりました。
自分の持物など何でもいいからテーマを決めて、
プレゼン内容を構築していきます。

ちなみに私は、自分自身を商品として、プレゼンを考えてみました。

15分間で考えて、5分で発表です。

15分じゃ短すぎて上手く表現できないし、
それを5分にまとめて伝えることは、もっと難しい。

なんとか発表したあとは、お互いにフィードバックをしました。

自分では気づかなかった視点で意見をもらえることは、とても意味のあることです。

褒めていただいたことは、今後も自信をもって活かし、
足りていなかったことは、今後のスキルとして磨いていかなければいけない。

その後、プレゼンテーションでの心得や大切なことを、
実際の経験も交えてお聞きすることができました。
経験者の貴重な実話は、ゼミでは大きな財産です。

そして、再度、知識を得た上で、ひとつの商品に対して、
みんなで意見を出し合い、プレゼンにまとめるというワークで終了です。

春です。
自己紹介の機会も増えてきますね。
そんなとき、プレゼンスキルを上手く活用すれば、
より自分を印象付けることが出来るのではないでしょうか。

もちろん、売り上げに直結する商品プレゼンにも大いに活かしていきましょう。

新メンバーさんの
「来月も来ます!」
のお言葉、とても心強く嬉しかったです。

さて、来月のテーマは、
『新人を極めよう!?』です。
4月25日(土) 14:00~16:30 
東播磨生活創造センター かこむ1階 グループ活動ブースにて
(非会員の方は、ご入会をお願いします)

新入社員だけが新人じゃない。
新しいことを始める人は、みんな新人です。
かつて新人だった人から学ぶこともたくさんあります。

というわけで、新人さんも、かつて新人さんだった方も、
皆さんで新人を科学してみませんか?

一緒に学びたい方は、
pro-mate@excite.co.jp
まで、ご連絡いただければ幸いです。

皆さまのご参加、お待ちしております。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-21 20:09 | 月例会

売り手の思い、買い手の思い

花粉症で過去最悪のグチャグチャ状態になったイケシマです。

勉強会に参加いただいている会員の手作り雑貨ショップ

「hortensia(オルタンシア)」に伺いました。

c0181156_22134717.jpg
クリエイター約40人を抱えるオーナーさんで、
リピーターもしっかり掴んでいらっしゃるようです。

当然、クリエイターさんにも固定客の多い少ないがある
と聞いたので、売れ筋重点での品揃えをしてはと話したのですが...

プロデュースのみの商品が多く売れるとは限らないとのこと。



クリエイターはクリエイターの商品に対する思い入れがあり、
買い手も同じように、クリエイターと商品に思い入れを持っている。

作り手は、多売を望んでいるのではなく、
買い手も、作り手がじっくり手作りしたものを望んでいる。

ただ、人気があるから何でも売れる訳じゃない、さらなる(手作りという)価値が
付加されているから売れるのです。

それぞれの思いが決め手。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-14 22:35 | つぶやき

広報戦略セミナー

プロマテ石井です。

今日は、かこむで「広報戦略セミナー」に参加してきました。
講師は、神戸でNPO法人しゃらくを運営されている小倉さんです。

自社の事業を例に挙げて、広報戦略について細かにご教示くださいました。

視点は鋭く、私自身やプロマテにも欠けているなと感じることが多々あり、
昼からは、プロマテ代表と改めて今後についての戦略を打ち直しました。

大きな気づきと学びをいただいたおかげで、
プロマテの事業で行き詰っていた視野が広がり、
発展的なアイデアがたくさん出てきました。
「トンネルの出口が見え、明るくなった」
正にそんな感じです。

そういう思考に変わると、なんだかいろんなことが出来そうに感じてくるし
駄目でも挑戦してみようと、ポジティブな気持ちになります。

広報の大切さを知ること、その戦略を知ることで
プロマテは大きく一歩前進することができそうです。

さあ、今からでも出来ること。
まずは、今日のアイデアをきちんとまとめてみます。
これがプロマテの財産になることは間違いないですから。

しゃらくの小倉さん、ありがとうございました。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-14 21:46 | つぶやき

3月月例会 ご案内

プロマテの石井です。

卒業シーズン真っ盛り。
最後の制服に袖を通す人。
会社を卒業し、花束を抱える人。

そんなシーンを見かけることが多くなりました。
娘が間もなく卒園です。
私にも、「卒業スイッチ」が入ってしまい、
そんな光景を見るたび、涙腺がゆるくなってきている今日この頃です。

さあ、卒業の次は新たなステージのスタートです。
3月の月例会は、そんなあなたにピッタリのゼミです。

テーマは、
「プレゼンスキルを上げる↑」です。

営業マンはもちろんのこと、
新入社員も自分自身をアピールする機会がグッと増えてきますね。

今回のゼミでは、商品だけじゃなく、自分自身の魅力も効果的に表現する方法を
一緒に学んでいこうと思っています。

今以上にもっともっと、魅力的になりたい方、ぜひご参加ください。


とき:3月21日(土) 14:00~16:30

ところ:東播磨生活創造センター かこむ1階 グループ活動ブース

費用:年会費第3期分500円(会員は不要)、参加費500円

申込:pro-mate@excite.co.jpまで



春です。
新しいこと、一緒に始めてみませんか?
[PR]
by pro-mate | 2009-03-12 00:13 | 月例会

相手のいいところを見つける

みなさん、ご無沙汰しております。
TAROです。年度末やら人事異動やらでいつになく超多忙でドタバタしておりました。
時間のほとんどは他人にとられるとはよく言ったものです。。

ところで、そんなドタバタのなかで、きらきら光る方とお会いしましたので紹介します。
その方は、社会人2年目の女性で最近少し自分の仕事に自信を無くしていました。
そんな彼女がある時同期の仲間の仕事をする姿を見て次のように思ったそうです。

「Aさんは仕事への姿勢が素敵」
「がんばってる女性は美しい」
「Bさんは情熱的でかっこいい」
「Cさんは生きざまがたくましい」
「Dさんは相手をわかろうとする優しさがある」などなどです。

なんとなく疎外感を感じていたなかで、パーっと光が差し込んできたようだったそうです。

今の彼女のなりたい自分は、
「仕事に楽しんで取り組める自分!」
「いろんな人に自分から進んで話しかけられる自分!」
「キラキラ輝く自分!」
こんな自分になりたい!と力強く話してくれました。

そんな風に話す彼女は「たくましくもあり、美しくもありました」
環境が大きく変わったわけでもなく、つきあう人が変わったわけでもなく、
ただ自分の考え方を変えただけ。
これまでは、他人は自分のことを何にもわかってくれない。。
自分は孤独だと決めつけて、自分から殻に閉じこもってしまっていたのでそうです。

けれど、ちょっと考え方を変えれば世界は違って見えてくる。

彼女の話を聞いて私の好きなアーティストのこんな歌詞が頭にうかびました。

「人の愛を糧に生きられる、澄んだ心がほしい。」
「人の嘘と弱さを許せる、勇気がほしい。」

いかがですかみなさん。

冬が終わって春が来ます。
もし、心を閉ざしていた方がいらっしゃるなら、思い切ってその扉を開いてみましょう。
きっとすばらい明日が見えるはずです。

それではまた。
[PR]
by pro-mate | 2009-03-11 22:33 | つぶやき