「ほっ」と。キャンペーン

プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本日もプレゼン

プロマテの石井です。

今日は、午後からプロマテの助成金申請事業発表会に出席してきました。
c0181156_21311371.jpg
立ち上げ半年のプロマテ。
子どもチャレンジモールも着々と進んでいます。
多くの方が事業に賛同してくれる中、
なんとかその取り組みを円滑に進めるために、
助成金の申請をしておりました。

書類での一次審査は通過し、今日は委員の方々の前でプレゼンです。

実績ある数多くの団体が、見事なプレゼンをされています。
まだまだ半年のプロマテには、学ばなければならないことが山ほどありました。

厳しい質問も受けましたが、それもこれも貴重なご意見です。
今後のプロマテに活かしていかなければならない、
先輩方からのメッセージであると受け止めさせていただきました。

今回、思い切って助成金の申請をしたことが無駄にならないように
事業そのものも本腰を入れて取り組んでいかなければと、
改めて感じた瞬間でした。

さあ、子どもチャレンジモールまであと一ヶ月ほど。
子ども達の取り組みが成功裏に終わるよう、
気を引き締めて頑張って行きたいと思います。
[PR]
by pro-mate | 2009-06-28 21:22 | つぶやき

プレゼン、プレゼン、プレゼン

イケシマです。

今日は市の補助金公開審査プレゼンテーションがありました。

入り口で発表順のくじ引き。
うっ、8番(末広がり?)-------------------------------------->11組中...
どうなの?

文化、福祉、地域活動を実施している団体がほとんど。
プロマテのような育成系は皆無。

がんばって、自他育成による就活事業を知ってもらう!

質問タイム、あれぇ、出ない?
あっ、はいはい、それについては...

とQ&Aが続きましたが、

挙句のはてに、宗教活動?って...悲しい限りです。emoticon-0106-crying.gif

私の伝え方がまずいのか、今後の課題です。

まあ、他にもあるから、いい経験したということで。

もう一度、コンセプトを刷り込みます。

コンセプチュアルスキルを高めるように、繰り返し繰り返し。emoticon-0146-punch.gif


そのあと、ある勉強会で
顧問の先生から出された課題は、「人生を変えた映画を1分で語ろう」

初めてお顔を拝見する面々、どうぞ今後ともよろしくお願いします。

途中からの参加でしたので、
一部の方々のお話しか伺えなかったのですが、
面白いというか、そうそうわかるわかると自分が忘れていた映画の話題が
出てきました。

みなさんの感性にひっかかったものなのでしょうね。

先生曰く、
好きな映画とは心の琴線に響いたもの、それはあなたは取り組もうと
しているビジネスのサービス・商品に投影されているのですよ。

サービスを説明するときに、響いた映画の話を組み合わせてみてはいかがですか?


さあ、あなたの心に響いた、人生を変えた映画は何ですか?



私のココロに響いた映画は....
[PR]
by pro-mate | 2009-06-19 23:32 | つぶやき

内容濃い~!! 第5回月例会

プロマテ石井です。

今日は第5回月例会。
前回インフルエンザ騒動で中止になったタイトルを実施しました。

テーマは、
「就活事情2009 あなたな自分をどれだけ知っていますか?」
です。

現役人事担当者でCDAの資格をお持ちのTAROさんが講師です。

就職事情の歴史から、今の採用事情まで、
かなり中身の濃いセミナーでした。

後半は、キャリアチェンジ中の方へのサポートタイムです。
実際の業務経歴書を拝見して、どうすれば採用担当者の目を引くかについて、
皆さんからアドバイスのてんこもり。
c0181156_21545235.jpg


人材コンサル、CDA、コーチングコーチから、
熱~いご意見が噴出でした。
彼女の転職成功は、間近かも知れません。

こんな風に、参加者からゼミテーマが提供されるのが、プロマテの良さ。
そして、こんな風に、そのテーマに惜しげもなく応えるのが、プロマテの良さ。

とっても中身の濃い2時間半でした。
次回が今から楽しみです。

<第6回月例会>
◇ 7月11日(土) 14:00~16:30
◇ 東播磨生活創造センターかこむ 2階会議室B
◇ 参加費500円(別途年会費要)
◇ 定員20名
◇ 050-6860-3939 または pro-mate@excite.co.jpまで

みなさんのご参加をお待ちしております。
[PR]
by pro-mate | 2009-06-13 22:04 | 月例会

世代間交流

久しぶりのイケシマです。

とある大きなイベントで、香川の高松にしばらく滞在していました。

参加者のほとんどが50代以上、
平均年齢72歳。

交流会では、どうも私が最年少だったようです。

若い世代というのが、本当に少ない状態。
これは社会一般でも言われていることですね。

この中で、若年層の集まりを作り、多くの方との関わりを
築こうとしています。

以前より、
年代による身体的な能力の違い(体力や知力、認識など)
思考や感情など捉え方の違いを強く意識するようになり、

交流することの難しさを考えるようになりました。


できないことはないと思ってはいるのですが、
どちらか一方の、独りよがり、被害者感情や自己中心的なもの考え方
が邪魔をしているように捉えています。


お互いの歩み寄りで、
相手の立場や思いを汲み上げようとする努力と謙虚さが双方にあれば...
悩ましく、いじらしい問題です。

ほんとうに思いは通じるのか?相互理解できるのか?


c0181156_17144261.jpg
「かな泉」の温玉ぶっかけ(あげ+ちくわ1本)
[PR]
by pro-mate | 2009-06-11 17:18 | つぶやき

第6回勉強会 嬉しい訪問者

プロマテの石井です。

今日は第6回勉強会の日。
かこむでは、サンテレビの撮影がされており、今日はブースでの会話もヒソヒソ声でした。

予定していた内容を一部変更しての勉強会となりましたが、
今日は嬉しい訪問者がありました。

わが息子の幼稚園の頃の同級生ママです。
現在、かこむに登録し、子ども達にダンスを教えています。
とってもキュートなハツラツママです。

彼女が私達プロマテの活動を覗きにきてくれて、
「お手伝いできることがあれば喜んで!」
と、言ってくれたのでした。

プロマテの活動概要をお話し、チャレンジモールのことを伝えると、
彼女は快くチラシの配布を承諾してくれました。
就活プロジェクトに関しても、ダンス仲間の学生に声を掛けてくれるとのこと。

プロマテ活動の周知が一番のネックになっていた、まさにこのときに、
彼女が登場してくれたことは、とても嬉しい出来事になりました。
「ママたちの人脈はすごいなぁ!」
と、プロマテ代表も感服していましたよ。

そう、ママたちの手はとても小さいけれど、その繋がりは果てしなく続いているのです。
それが母の手でもあるのです。
『小さく生んで、大きく育てる』
女性が持つ、特性でもありますね。

彼女たちの快い支援を無駄にすることなく、チャレンジモールも成功させることを
改めて誓った勉強会になりました。
[PR]
by pro-mate | 2009-06-02 21:41 | 勉強会