「ほっ」と。キャンペーン

プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

受け売りなんて言わせない

知識を蓄える時、
人や媒体などを通して、見聞きしたものを
取り込みます。そこから始まります。

でも、取り込んだだけでは、
ただ単に「受け売り」に過ぎないんですよね。

入ったモノそのままの形でしかないのです。

「誰かが言っていることを、コピーしているだけじゃない。」
「自分の声じゃない。」

そんなこと考えたことありませんか?

続きはこちらに
[PR]
by pro-mate | 2010-06-30 02:48 | つぶやき

就活講座、反響あり!

8月14日(土)東播磨生活創造センターかこむ主催で、
当会運営の学生向けの就活講座を開催いたします。

混迷する就職事情の一助になるために、
春から着々と準備してきました。

配布用チラシも大量に刷り、
かこむのネットワーク内に配布されます。
また、大学等教育機関へもご案内を送付する運びとなりました。

申込み受付が「かこむ」さんが担っていただくのですが、
先日の告知早々に、

続きを見る
[PR]
by pro-mate | 2010-06-24 18:12 | つぶやき

声を変えよう

あまり自分の声は好きではありません。

録音された自分の声を初めて聞いたときのことは
覚えています。

「こんな声なの!、変なの」

続きはこちらへ
[PR]
by pro-mate | 2010-06-19 09:51 | つぶやき

プロマテは、初対面でも大丈夫!

プロマテ石井です。

今日は月例会の開催日でした。
梅雨入り前の、最後の晴天にもかかわらず、
今回も、新メンバーが5名もご参加くださいました。
西はたつの市から、東は神戸まで、
プロマテの名も徐々に拡大していき、嬉しい悲鳴でいっぱいです。
みなさん、ありがとうございます。

さて、本日の第一部は、
幸せ案内人コーチ・たから代表の宝山敏さんによる、
「初対面でも大丈夫、ココロの窓の開き方」です。
c0181156_20293764.jpg


最初は緊張気味だったメンバーも、
気がつけば宝山さんのペースに飲み込まれ、
笑いの渦の中で自然とココロを開いている状態になっていましたね。
講義よりも体験。
そんな感じを受けました。

そして第二部は、「エレベータートークに挑戦」と題し、
限られた時間で伝えたいことを相手に述べるワークをしました。
c0181156_20492220.jpg

1分間で、どれだけ自分のことを語れるか?

エレベーターで一緒になった上司や、得意先のお客様に対して、
短時間の移動の中でどれだけ思い(商品)を伝えられるかが、
エレベータートークと言われています。

ワークをやってみて、
自分の思いを伝えようとはできても、
それが、相手の心に打ち響いているかどうかは、
また別問題だなあと、トーク内容を反省。
「もっと聞きたい!」と思わせる。
ココが肝心なんですね。

時間感覚を身につけることと同時に、
これらはトレーニングで体に染みついて行きます。

みなさんも、
いつ起こるかわからないエレベータートークのチャンスを
いつでも上手に活用できるように、
自分のPR術をひとつ持っていると素敵ですね。

『人のココロをつかむ対話を学ぶ』シリーズ第一弾は、
盛況の中終了いたしました。

次回は、
◇7月10日(土)14:00~16:30
◇東播磨生活創造センターかこむ2階会議室A
◇テーマ「とっさのときの話題作り、話のネタはここにある」
◇会員500円、一般500円
で進めてまいります。

新メンバー大歓迎です。
お申し込みは、
079-421-1136(東播磨生活創造センターかこむ)
もしくは、
pro-mate@excite.co.jp
まで、お願いします。

たくさんのご参加、お待ちしております。
[PR]
by pro-mate | 2010-06-12 20:59 | 月例会

目線はしっかり出口を見ろ!

鉄馬(バイク)乗りなら感じること

ぶっ飛ばしている時は、

ブレルこともなく、スピードに乗っているので、
真っ直ぐに進むことができます。

ただ、視野が狭くなります。
横の動きがわからなくなります。

続きはこちらへ
[PR]
by pro-mate | 2010-06-07 18:55 | つぶやき

アイスブレイク100連発

イケシマです。

今日は、かこむ講座「交流あそび100連発!!」が開催され、
参加しました。

共育ファシリテーション事務所 サムズアップ【Thumb’s Up】の山上 寛之さん
が講師で、

ウォーミングアップなどに使われる体感ワークを披露していただきました。
c0181156_22522431.jpg


ご自身の看板である、サムズアップから始まって、

ファシリテータと参加者、参加者同士、グループ単位といろんな場面で
楽しめるネタばかりです。
列挙すればキリがないので、あえて挙げません。
どうぞ、山上さんの講座を受けてみてください。

自ら実践することで、
どう運営すればよいか、場のつくり方がわかりました。

最後は、みんな和気あいあい。
笑、笑、笑の顔ばかりです。

これらをさらに、応用してプロマテ仕様を作りたいです。
[PR]
by pro-mate | 2010-06-05 22:59 | つぶやき