「ほっ」と。キャンペーン

プロマテが行く prompt&materialize

promate.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

モチベーションなんていらない?

欧米志向の上を見よう、前を見ようという
モチベーションアップややる気にさせるワザや
ムダなく動かす部下へのアプローチなどが
巷でにぎわっています。

「負を認めない文化を持ち込んだ!」

「マイナス面も認めようとしてできた日本の負の文化というのが
ワビ、サビなんだよ」

「ここ昨今、メンタル面で苦しむ人が増加し続けているのは
常に笑っていないといけない風潮がもたらした」

いう話を耳にしました。

以前より
今の流れに窮屈さを感じて、疑問に思っていた自分には、
納得と同意が湧き上がり、その通り!と感嘆の声をあげた。

どこかで、栓を抜く必要がある、
世の社長はみんなウツだと言われることもうなづける

上ばっかり見ていたら首痛いし、
たまには、下に何か落ちてるかもしれないし、

「下を向いてもいい」
「後ろを見てもいい」

「グチってもいい」

底まで下がれば、今度は上がるしかないんだから、

やるとやる、やめたいときはやめる。
自分の本能の正しさを信じよう。

それでこそ、人間なんだから。
[PR]
by pro-mate | 2010-07-31 21:58 | つぶやき

ファシリテーション基礎講座

人気のあるファシリテーション協会(東京)の基礎講座を受講しました。

受付開始日には定員に達してしまうほどの人気だそうです。
c0181156_21445679.jpg

「集団による知的相互作用を促進する」これはファシリの意味。

プロセスに着目して介入するというのがファシリテータの仕事。

これまで、ストーリーと決を持って、
場の進行と収束を考えてしまっていましたが、

促進させること、プロセスを見続けて、
制約をかけることなく、人の声を引っ張り出す。
そこには、予期しない新たな結末も生まれる、

というのが、ここでの意味するところ。

丸々1日で、1時間毎に講義とワークを繰り返す集中した内容です。
確かに場数が必要で、そう簡単にはワークの場を進めることはできません。
c0181156_21452235.jpg

中にはすばらしいファシリを展開される方もいらっしゃって
感心するばかり。

今後の展開に活かせる注目の1日でした。
[PR]
by pro-mate | 2010-07-23 21:39 | つぶやき

これは驚き!発想を変えると

東京での移動は、当然鉄道(JR、地下鉄)が便利。

で、動きが鈍くなるので、荷物を預けようと...

おぉ~、何だこりゃ?

私書箱だ。

コインロッカーと思いきや、駅に私書箱ができた。
いや、以前からあった模様。気づかなかったぁ。
c0181156_23542694.jpg

「東京都千代田区丸の内1-9-1」
が自分のアドレスに。

これは、おもしろい。

Suicaカードが鍵。支払もSuicaで。
(ちなみに、私はSuicaユーザー)

こういう使い方も、見えているもの「置き換える」ことで
新たに生まれるのですね。

久々に感心。なるほど、なるほど。
[PR]
by pro-mate | 2010-07-19 23:56 | つぶやき

至福の場所は発想の機会

今日から東京です。

私にとっては、
新幹線での移動中は、格好の思考タイム。

新聞読んだり、PCで書類作成したり
読書したり、ビジネスマンはそれぞれの目的をもって
時間を活用します。

よい考えが浮かぶ場所と言えば、
欧陽修の三上が有名です。

馬上、枕上、厠上の場所

ここでは、馬上が新幹線になります。

自分だけに置かれた至福の時間と空間。

物思いにふけり、ゆるやかなる思考が
新たな窓を開きます。

今回も課題が解決しました。

さて、
あなたの有意義な場所はどこですか?
[PR]
by pro-mate | 2010-07-17 00:42 | つぶやき

話のネタはここに。

プロマテ石井です。

今日は月に一度の月例会の日。
今回も初参加の方をお迎えすることができ、
とても感激のプロマテです。

なんと、御歳、80歳。

が、目的意識をしっかり持って、
自分に足りないところを探し求めてきた、
と仰います。

頭が下がる思いです。
生い立ちをお聞きして、もっといろんなことを
教えてもらいたいな~、と素直に思える素敵な紳士でした。

そんな、初参加の方も含め、今日のお題は、
「とっさの時の話のネタは、ここにある」
で、浅原氏のファシリテートで進めてまいりました。

c0181156_20373012.jpg

自己紹介からネタ探しを深めていくワーク。
ついつい、自分のことばっかり話してしまって、
相手のこと、ちゃんと聞いてなかった・・・。

もっともっと聞き出すにはどうすればいいんだろう?

そんな、疑問に答えながら、楽しい1時間を過ごしてみました。

これで、初対面でも安心してネタ拾いをしながら話せますね。

2部は、池嶋代表による、「ボキャブラマップを作ろう」です。

コミュニケーションの最小単位、ひとつの単語をキーワードに、
そこから連想される単語をどんどん導きだしていきます。

お題は、『夏休み』。
c0181156_20425097.jpg


マインドマップのようにリンク付けをして行くことで、
語彙の関連付けがどんどんと増えて行きました。
c0181156_2043540.jpg


一人ではなかなか増やせない単語も、仲間がいるとたくさん広がっていきましたね。

コミュニケーションは、聞くことと話すことで成立します。
表現力豊かに伝え、しっかり聞くことで、
人間関係もよりよく円滑に保たれます。

個の力を仲間の力に変える第一歩がコミュニケーションです。

あなたの話のネタは、ドコにありますか?
[PR]
by pro-mate | 2010-07-10 20:50 | 月例会

ゆとり社員ってこんな人?

新人社会人にとっては、
耳の痛くなるフレーズ。

「ゆとり世代」、「ゆとり社員」

いろんなところで評価されています。

続きはこちら
[PR]
by pro-mate | 2010-07-06 11:12 | つぶやき

経営者、覚悟を語る

久しぶりに、感動会社楽通の勉強会に参加。

設立2周年の節目に、代表の田村さんが
立上げから今日までの振り返りを語られた。

たった一人で商売するために、巧妙な営業の仕掛け

並み居る競合大手を押しのけ、プレゼンに挑み
勝ち取った大型案件のこと。

そして、その後に起こった会社存続が危ぶまれるトラブル

その時、気づいたトップの覚悟、
(代表に向かってコメントするのは、おこがましいのですが)
大きな気づきが宿り、爆発的な勢いで意識が成長したのだと
感じてしまいました。

商売は、人と人との熱い思いのぶつかり合いなんだ!と
感動させられる顛末。

その世界のいる人しかわからない業界の話
そして、
人との出会いから生まれた気づきの話。

今度、プロマテでお話してもらいたいと、
ココロより思いました。

よろしくお願いしますね、田村さん。
[PR]
by pro-mate | 2010-07-04 01:08 | つぶやき